フレンド認定こども園~遊びを通して自主性、創造性、社会性を育てる~

重要なお知らせ ※2020年6月27日更新


【7月からの保育について】


   梅雨空が続き、蒸し暑い日が続きますね。気温差もありますので、体調を崩さないよう気を付けてお過ごしください。

   6月から分散登園が始まり、1ヶ月が過ぎようとしています。保護者の皆様方におかれましても、長期にわたる保育自粛のご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございました。新入園児の子どもたちは少しずつ園生活に慣れ、笑顔が増えてきました。進級した園児も新しいクラスに慣れ、友だちとの関わりや、好きな遊びを楽しんでいます。子どもたちの日々の成長を感じ、職員の方が元気をいただいています。

   7月1日(水)からは一斉登園になり、通常保育で園バスも全コース通常通りに運行します。引き続き3密にならないよう心掛けてまいります。また、感染予防を踏まえた新しい生活の習慣についても、園でできることに取り組みながら、子どもたちが楽しく生活できるよう工夫していきたいと思います。

   遅くなりましたが、今年度の年間行事計画表が出来上がりました。6月29(月)・30(火)にベストフレンド7月号と一緒にお渡し致します。ご確認をお願いします。

※まだまだ新型コロナウイルス感染拡大の心配があります。年間計画表を作成しましたが、状況によっては変更になることがありますのでご了承ください。

R2年6月27日

園長 三浦 菜津子


   認定こども園とは「幼児教育・保育を一体的に行う施設」であり、幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っているのが特徴の施設です。内閣府・文部科学省・厚生労働省が定める基準に従い、県条例の基準を満たした施設が認定されます。

   当園では0歳(6ヶ月)から5歳までの幼児をお預かりして、今まで培ってきた幼稚園教育に加え、乳幼児の保育も行うことで、人間力の基礎を育てる環境がより広くなり、深くなるものと考えております。赤ちゃん時からそれぞれの成長段階にある子供たちがいる当こども園は、自分の育ってきた過程を知ることで、自分より小さく頼りない存在の仲間をいたわることなどを覚え、より一層の豊かな経験を得ることができます。

   3歳以上のクラスは、通常の幼稚園行事にの他に、豊かな製作表現活動に加え、専門の講師による体操教室や、ネイティブの講師による英語の時間もあります。