園日記 ベストフレンド 2020年夏休み号



   今年の梅雨はとても長いですね。連日の大雨で多くの地域で被害が出ています。新型コロナウイルスの感染の心配と重なり、被災地の方々は大変なことと思います。早く梅雨が明け、少しでも早い復興を願います。

   今年度も本格スタートしてあっという間に2ヶ月が経ちました。今までの日常とは異なりますが、その中でも子ども達は自分の居場所を見つけ、新たな生活を楽しめるようになってきています。様々な行事が中止になってしまいましたが、今は皆が元気に生活を送れていることが何より嬉しく思います。夏休みになりますが、気を緩めることなく、密を避け感染予防を意識して過ごして下さい。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   年少組も、友だちと関わって遊ぶ姿が増えてきました。友だちの関わりも学年により変わってきます。うまく思いが伝わらず、ぶつかり合うこともしばしば…。ぶつかり合うことは、集団の中にいるからこそできる大切な経験です。繰り返し自分の思いを伝え、相手の思いに気づくことができるようになると、一緒に遊ぶことが楽しくなってきます。経験を重ね、信頼関係が築けると、お互いに思いやりの気持ちをもって生活できるようになります。子ども達にとって毎日が「今が大事」な時間を過ごしているのですね。

   コロナ禍で色々制限はありますが、お家でも今できることを子どもと一緒に考え、見つけてみるのもいいですね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2020年7月号



   アジサイの綺麗な季節になりました。子ども達はアジサイはよく知っていて、バスに乗っている時に見つけると「きれいだね!」と話をしたりしながら季節を感じております。

   4月に緊急事態宣言が発令され保育自粛が続きましたが、6月から分散登園で円がスタートし1ヶ月が経ちました。皆様には、長い期間登園自粛にご協力いただきありがとうございました。まだ全員揃っての保育ではありませんが、久しぶりに子ども達の元気な姿を目にし、私達職員もとても嬉しいです。子ども達も自粛生活が続いていたので、久しぶりに円でお友だちとおいかけっこや砂場遊び、虫見つけ、資源物遊び等して思い切り遊べてとても楽しそうです。初めての子達にとっては、この分散登園が慣らし保育の期間となり、無理なく新生活をスタートできたのではないでhそうか。今年は今まで普通に行ってきたことも、一つ一つ改めて考え直していかなければなりません。そういった中で、新しい楽しみを見つけ、子ども達と新たな発見をしていけたらと思います。新型コロナウイルス感染の影響で、できない事が増えてしまいましたが、全てをマイナスに考えるのではなく、これができないなら違うできる事にチャレンジしてみよう!と前を向いて活動できたらと思います。その一つが、年長組のマイデスク作りです。子ども達が特別なチャレンジができ、なおかつソーシャルディスタンスを取る事もできます。今度も今できる楽しみを見つけていきたいと思います。

※マイデスク作りの詳細はホームページのブログをご覧になって下さい。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   分散登園が始まり、園内にも子どもたちの元気な声が響くようになりました。普通に生活できることのありがたさを感じつつ、新しい日常の生活(3密を防ぐ・ソーシャルディスタンスを取る・手指の消毒等)を受け入れ、園でできることに取り組んでいます。

   年長組の子どもたちがマイデスクを作り始め、進んで自分の作業工程に取り組んでいました。それを見ていた年少組の子が「僕も年長になりたい!」と担任に離し、年長組の子に「どうしたら年長になれるの?」と聞くと「給食を全部食べたらなれるよ!」と答えてくれました。「給食はいつも全部食べてるんだよね~」と担任に言われると年少の子は嬉しそうに微笑み、担任と手をつないで園庭に向かいました。

   子どもが発する言葉には、色々な気持ちが入っていて、聞いてもらえることでまた新しい気持ちが生まれます。言葉にしなくても思いや、感じることはたくさんありますね。どの子も今できる精一杯の表現で関わる人に思いを伝えようとします。今どんなことに興味を持っているのか、どんな風に感じているのか・・・時にじっくり関わり、子供の成長を感じてくださいね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2020年新年度号



   5月25日に緊急事態宣言が解除され、いよいよ新しい生活様式が始まりました。皆様には3月から長い間、家庭保育にご協力いただきありがとうございました。6月1日(月)からフレンドも保育を再開することになり、やっとみなさんにお会いできることを楽しみに、再開へ向けた準備を進めております。

   新型コロナウイルスの感染拡大のリスクを低減させるため、また日高市からの要請に従い、6月末分まで分散登園をさせていただきます。長期間、日常の活動が大きく制限されて生活してきた園児達が「フレンドに通う」という生活のリズムを徐々に整えていくための策であるとご理解下さい。また、入園式も行えないまま新年度を迎えましたが、7月に入園式に代わるお祝いの会を開催する予定でおります。詳細は後日改めてご案内させて頂きます。

   保育を再開するにあたり、フレンドは政府から発表されたガイドラインに沿って感染予防対策を講じ、安全で安心な園内環境を作ってまいります。「3密」を防ぐことがまず大事なことなので、6月は密を避けた保育環境を整えて、子どもたちに寄り添い、子どもたちと過ごす時間を大切にした保育を行っていきます。

   今回の新型コロナウイルスの感染については、いまだ不安定な日々が続きますが、園児達の心の安定をはかりながら、少しでも日常に近い園生活が送れるよう努めて参ります。引き続き皆様にはご協力をお願いする場が多くあるかと存じますが、どうぞよろしくお願い致します。

園長 三浦 菜津子

   待ちに待った園生活がスタートします。分散保育をしながらの少しずつの再開となりますが、やっと子ども達に会えると思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。そして、これまで皆様には登園自粛に協力していただき、ありがとうございました。これまでに経験したことのない事態に、日本だけでなく世界が混乱し沢山の方が亡くなられました。このように再開出来たこと、今までの普通の生活がどれだけ幸せだったかと改めて実感しました。緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ油断できません。これからは新たな生活常識ができてくると思います。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、皆で協力してこの状況を乗り越えていきましょう。今年度は、例年通りの活動ができなくなってしまいます。その中で”今できること”を考え、子ども達と楽しい園生活を送っていきたいと思います。ご協力をお願いすることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

大野 千代

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   来月からここで「ホッとひといきBreaktime」が始まります。子育てをより楽しめるヒントになればと思います。

————————————————————————————————————————————————


冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2020年3月号



   園庭の桃の花も咲き、春の訪れを感じられるようになりました。そんな中、新型コロナウイルスの感染が騒がれており、私達にもいつ起こりうるか分からない状況になってきました。自分自身でできる対策はしっかり行っていかないといけないと思います。園としても卒園・進級を控え、様々なイベントがありますが、感染症を防ぐためにも、自粛せざるを得ない状況にあります。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い致します。

   今年度もあとわずかとなりました。3学期に入り、生活発表会に向けて園児たちが頑張っていたかと思うと、もう卒園・進級を迎えます。この1年あっという間に過ぎてしまったように思いますが、子ども達にとってはこの1年はとても大きな成長の1年だったと思います。生活発表会で、それぞれのクラスの発表を観ていましたが、緊張しながらもみんな自身をもって表現していました。フレンドの子たちの生きる力を感じました。4月からの新生活に不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、この子たちならどんな事があっても乗り切れる力がついていると思います。子どもたちを伸二、大きな心で見守ってあげてください。

   さて、今年度のベストフレンドも最終号となりました。バス通園や送迎の時間が様々で、なかなか直接お話できない事もありましたが、このベストフレンドを通して園の様子をお伝えすることで、少しでも皆様と園とをつなぐパイプとなれていたら嬉しいです。掲載ミスや説明が不十分な部分もあったかもしれませんが、1年間読んでいただきありがとうございました。

   最後になりましたが、フレンド会の皆様には様々な形で園のサポートをしていただき、ありがとうございました。役員の方々には、今年度の事だけでなく今後のフレンド会の在り方についても、一緒に考えながら進めていただきました。来年度にしっかり繋げていこうと思います。本当にありがとうございました。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   新しい環境に入る時、とても居心地悪く感じたり、なんとなくすわりが悪く感じることがありますよね。子どもも同様で、自分の居場所を見つけるまでは、落ち着かず、不安に感じている様子が伝わります。日々の生活を積み重ね”自分はここにいていいんだ”という居場所を見つけると、安心して生活できるようになります。力も発揮することができ、自信へとつながります。幼児期にたくさんの自己肯定感を持てるようにしてあげたいですね。1年間、ありがとうございました。

細川 亜佳子

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2020年2月号



   月末に雪の予報が出て心配しましたが、大雪にはならず私達大人はホッと胸をなでおろしました。子ども達は雪遊びができず、残念そうでした。しかし、山沿いや少し高い所の地域では、2,3cmの積雪があったようです。今年は暖冬で、雪が降らないと思っていましたが、油断はできませんね。降っても大雪にならないことを願います。

   園では生活発表会に向けて、子ども達が劇あそびや合奏を毎日頑張っています。まとまりがなかった劇も、日に日に進化していきそれぞれが楽しんで表現しています。同じ学年でもそれぞれのクラスカラーが出ていて、普段の生活が劇の中で観られてとても楽しい劇になっています。恥ずかしいけれどお客さんに観てもらいたいという気持ちが大きくなり、ホールでやる時に「今日はお客さんくるかな?」「なんだぁ、いないのか…」「あっ!来た来た!」とウキウキしだす子どもたち。人の前で表現する楽しさを知ったようです。他のクラスの劇を観るのも、子どもたちには良い刺激になっています。発表会まであと5日となり、子ども達の気持ちもどんどん高まってきています。しかし、当日はいつもと違う状況でどうなるかわかりません。力を最大限に出し切れる子もいれば、恥ずかしくて緊張したり、興奮のあまり予想外の行動をする子もいるかもしれません。どんな表現になっても、今できる最大限の表現ですので、その姿を優しく受け止めてあげてください。そして、は大妖怪が終わったら子ども達の頑張りをたくさん褒めてあげ、いっぱい抱きしめてあげてくださいね。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   先日、福音館の方が園にいらして絵本の大切さについて教えてくださいました。とても素晴らしいお話だったので、紹介させていただきます。以下福音館の方のお話です。

子ども達はお家の人と一緒にいて、触れ合う時間が多いほうが良いのは検証されています。抱っこしたり、添い寝したりするのと同じ効果が絵本にはあるのです。生まれる前から耳にしているお母さんの声が子どもにとって一番心地良い音と言われています。リラックスできるのです。心が穏やかでないと、出来ることも出来ないし、育つものも育たないのです(大人も緊張しすぎると、力を発揮できないですよね)。お仕事されている方は時間がたくさんとれないかもしれません。でも長さよりも大切なのは子どもが満足するかですよね。膝の上で一つの絵本を共有することは、子どもにとってもお父さん・お母さんにとっても心和む時間です。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2020年1月号



   今年も晴れ晴れとした気持ちの良い年明けとなりました。皆さんは、どのようなお正月を過ごされたでしょうか?私はここ数年、毎年初日の出を見に行っています。今年はいつになく太陽の光が神々しく光輝いていたように感じ、2020年はきっと良い年になるのでは…と思いながら初日の出に幸せを願い新年を迎えました。

   さて、今年はなんと言ってもオリンピック!!東京に決まった時は、まだ7年も先の事と思っていましたが、あっという間に2020年になってしまいました。様々なスポーツが盛んになり、新しい競技も増え日本人選手の活躍がとても楽しみです。子ども達にとっても、日本での開催はとても良い刺激になると思います。これをきっかけに、スポーツ選手を夢見る子が増えるかもしれませんね。また、海外へと目を向けるきっかけになるかもしれません。東京オリンピックを皮切りに、令和の時代の子ども達の未来輝く時代になってほしいと願うばかりです。今年もどうぞよろしくお願い致します。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   今年の干支は”子年”で、動物でいうとねずみですね。十二支の1番目で新しい出発を含め、何かを始めるのに良いともいわれているそうです。他にもネズミ算といわれるように、子孫繁栄や財力をもたらすとの意味を持つといわれています。また子年生まれの方は、環境への適応能力、コミュニケーション能力にたけていることから、自然と周りの人を引き付ける力も持ち合わせているそうですよ。

   平成から令和になり、ITやAIの導入で社会のシステムも変化する時代になりますね。便利さが優先されがちですが、故きを温めて新しきを知る(温故知新)気持ちを忘れず、大切にしたいことを子どもたちと考えていきたいですね。ねずみ年にちなんでいいスタートを切りましょう!
————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年冬休み号



   今年も残すところあと2週間弱となりました。1年が経つのは本当にあっという間です。2019年、皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?今年は平成から令和へと変わり、日本にとって大きな変化の年だったと思います。こういった節目を体験する事はめったに無い事ですので、貴重な体験だったと思います。その反面、災害がとても多かったように感じます。被害の少ない埼玉県内でも、各地で被害が出ていました。被害にあい、辛い思いをされた方がたくさんいらっしゃいます。そんな中、テレビで「大変だったけど、色んな人に出会えて、助けてもらって人との繋がりができてよかった」と話していた女子高生がいました。それを聞いて、前を向いて頑張っていく大きな力を感じました。来年は、大きな災害がないことを願います。

   さて、17日(火)には今年最後の行事のクリスマス会も無事に終えることができました。朝からみんなハイテンションで、サンタさんが来てくれるのを今か今かと楽しみに待っていました。クリスマス会は、コーラスの方々のキャンドルサービスときれいな歌声からスタートしました。今年も、サンタさんと一緒に奥さんのMrs.クロースも来てくださり、みんな大喜びでした。「トナカイは?」の質問には、「屋根の上で待ってるよ!」との返事で、みんな天井の方を見上げ(どこにいるのかな?)と、色々と想像を膨らませていました。お迎えの来たお母さんに「あのね、トナカイは屋根にいたんだよ!」と教えている子もいました。サンタさんにぎゅ~っとしてもらった時の子ども達の表情が、とっても嬉しそうで可愛らしかったです。買える時には、プレゼントを大事にそうにしっかり持ち帰っていました。サンタさんは、全国のたくさんの子ども達の所へ会いに行っているそうです。今日もまた、どこかの子ども達に笑顔を与えているのでしょうね・・・

   12/18(水)に消防署立ち会いの避難訓練を実施しました。緊急の出動があり、短い時間でしたが惻隠に消化器を使っての消火訓練もしていただきました。子ども達も防災頭巾を被ることに慣れ、園庭避難や待機もとてもスムーズにできました。消防署の方に、子ども達の避難の様子や、職員や保護者の対応を褒めていただきました。先日地震があった時も、2階で地震を感じた年少組は落ち着くまで避難待機をしていました。とっさの時に対応できることが大切だと改めて感じました。園では毎月避難訓練を行っています。子どもだけでなく職人にとっても大切な訓練です。これからも大切な命を守ることも忘れず、日々を過ごせるようにしたいです。もしもの時にどうしたら良いのか、ご家庭でも話題にしてくださいね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年12月号



   寒暖差が大きくなり、寒い日にはつい肩に力が入ってしまいますね。でも、子ども達を見ると半袖になって元気に遊んでいる姿もあり、まさに”子供は風の子元気な子”ですね!これから益々寒くなってきますが、外でも元気に遊んでじきにやってくるインフルエンザの波に負けない強い体になって欲しいです。

   今月は、実習生が3人勉強しにやってきました。その中にはフレンドの卒園児もいて、私も担任を受け持った子でした。その子はちょっと恥ずかしがり屋で、でも活発な所もあり、歌やダンスが好きな子でした。誕生会などで、「大きくなったら幼稚園の先生になりたいです!」などと言ってくれる子がいますが、実際にこのように保育の道を考えて学びに来てくれるのはとても嬉しいです。3人の実習生は、最初はやはり緊張していたようですが、子ども達の無邪気さや純粋さに触れ、毎日の実習がとても楽しかったようです。私がお手伝いに入ると「お姉さん先生がいい」と言う子も。短い期間でしたが、それだけで子ども達と繋がる事ができていたのだと思います。実習生達も子ども達に感謝の気持ちを伝えたいと、3人で協力して年少組から年長組までの子ども達みんなに手作りのペンダントをプレゼントしてくれました。もらった子ども達はみんなとっても嬉しそうでした。3人共まだ1年生なので、来年も実習に来てくれるはずです。学校でさらに勉強を重ね、成長した姿を見せてもらえるのを楽しみにしています。

   さて、明日11/30(土)はこどものまちです。子ども達も楽しんで作った作品をお家の方々に観ていただくのを楽しみにしています。同じ学年でも、それぞれのカラーが出ていますので、全てのお部屋を回ってみてください。子ども達の温かい作品に、心癒される時間になっていただけたら嬉しいです。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   絵本『だるまさんが』の著者のかがくいひとしさんは、絵本作家になる前は特別支援学校に勤務し、教員をするかたわら仲間たちと人形劇や造形活動にも意欲的に取り組んでいました。ちりとりやティッシュなど身近にあるものを使い、それが音楽に合わせて動くというシンプルな人形劇でたくさんの子ども達を喜ばせていたそうです。

   かがくいさんの絵本を見ていると、心地よいリズムが感じられ、楽しくなり何度も絵本を開きたくなります。絵のタッチも独特で表情から様々な思いが伝わってきます。だるまさんシリーズの他にも、『おしくらまんじゅう』、『おふとんかけたら』など乳幼児でも喜んでみている絵本です♪もちろん大人も楽しめますよ。思わずフフフと笑ってしまう、かがくいさんの絵本を見かけたら、ぜひ手にとってご覧になってくださいね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年11月号

   運動会は皆様のご協力のおかげで、無事に終えることが出来ました。ありがとうございました。終わってホッとしていた頃に、台風15号、19号がやってきました。例年稀に見ない大きな台風で、災害の少ない埼玉県でも各地で大きな被害をもたらしました。幸いにもこども園や皆様のご家庭には、被害を受けたとの報告はなく安心致しました。しかしながら、この台風の影響で毎年行っていた日和田山遠足が行えませんでした。遠足を楽しみにしていた子どもたち、そして遠足のお手伝いにご協力してくださる予定だったお父様方には本当に申し訳ございません。子どもたちの安全を第一に考えた結果ですので、ご理解いただきたく思います。日和田山遠足はできず予備日も雨だったため、園内でミニキラキラデーをして子どもたちは楽しみました。いつもと違う活動に大喜びで、お弁当も学年クラスに関係なく好きな子と一緒に食べられてとても嬉しそうでした。この一件を通して、日常生活を普通に送れることの有り難さを改めて実感いたしました。被災地では、連日の大雨で復興にまだまだ時間がかかる地域もあります。少しでも早い復興を願うばかりです。

   さて、月末には年長組はハロウィンパーティーや武蔵台小学校の交流会があったり、各学年お芋掘りに行って来るなどイベント続きでした。お芋掘りは、とっても大きなお芋が掘れ子どもたちも大興奮でした。円に帰ってきてから、子どもたちが好きなお芋を選んで持ち帰りました。お家でも美味しく調理して食べてください。道谷農園さんを紹介してくださり、費用も負担してくださったフレンド会の皆様ありがとうございました。

~お知らせ~

   10月からこども園のホームページが新しくなり、さらに11月からは園のブログを始めます。ホームページのトップページから誰でもブログが見られるようになっています。まだまだ慣れないもので、頻繁にアップできないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   11月に入ると、紅葉が楽しめるようになりますね。園庭の桜の木の葉は例年より早くなくなりましたが、中の田公園に行くとイチョウやモミジ、カエデなどまだまだ色の移り変わりが楽しめそうです。お気に入りの葉っぱを見つけたら、家に持ち帰って飾るのも季節を感じることができていいですね。葉脈を上にして紙を置き、クレヨンや鉛筆でそっとこすると素敵なフロッタージュが出来上がります。力の入れ具合で模様も変わってきます。紅葉が美しい今の時期だからこそできる落ち葉遊び。親子で何気ない会話を楽しみながらできるといいですね!

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年10月号

   高く澄んだ秋らしい空が見られるようになりました。この時期になると、私の出勤ルートで富士山が綺麗に
見られるポイントがあります。運転をしながら目の前に大きな富士山が現れるので、見られた日は朝から嬉しい気分になり良いスタートがきれます。

   さて、9月には祖父母参観があり、沢山の祖父母の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。自分のお孫さんだけでなく、他の子ども達とも一緒に遊んでくださり、この日おじいちゃん・おばあちゃんが来られなかった子達も、楽しい時間を過ごすことができました。ホールでは会場が狭い中、子ども達の歌の発表をとても優しい眼差しで聞いてくださり、子ども達もみんな元気に歌うことができました。短い時間でしたが、少しでも子ども達の園での様子見ていただくことができ良かったです。10月5日には運動会もありますので、ご都合がつく方は子ども達の頑張っている姿を是非見にいらしてください。

   10月からは、いよいよ保育料の無償化がスタートします。先日配布したお手紙でもお伝えした通り保育料は無償となりますが、その他費用につきましては今までと同様に徴収させていただきます。2号認定の方は、給食費が主食代・副食代・おやつ代と全てまとめての徴収に変わります。初めての事で、県や市も慌ただしく準備をしているようで、園としてもなかなかはっきりとしたお答えができない所もあり、申し訳ございませんでした。途中で変更するような事もあるかもしれませんが、ご理解いただきたくよろしくお願い致します。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   今年は巾着田の曼殊沙華の開花が例年より遅く、10月上旬まで見られるそうです。日常の中でも秋を感じる場面が増えてきました。気持ちよく体を動かし、秋の味覚も満喫したいですね。読書の秋ということもあり、大人も楽しめる絵本を紹介します。『秋』五味太郎著(出版社絵本館)です。秋の夜長に…時にはスマホやタブレットから目を離し、絵本や童話など読み聞かせや読書を楽しむ時間を作れるといいですね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。