園日記 ベストフレンド 2019年12月号



   寒暖差が大きくなり、寒い日にはつい肩に力が入ってしまいますね。でも、子ども達を見ると半袖になって元気に遊んでいる姿もあり、まさに”子供は風の子元気な子”ですね!これから益々寒くなってきますが、外でも元気に遊んでじきにやってくるインフルエンザの波に負けない強い体になって欲しいです。

   今月は、実習生が3人勉強しにやってきました。その中にはフレンドの卒園児もいて、私も担任を受け持った子でした。その子はちょっと恥ずかしがり屋で、でも活発な所もあり、歌やダンスが好きな子でした。誕生会などで、「大きくなったら幼稚園の先生になりたいです!」などと言ってくれる子がいますが、実際にこのように保育の道を考えて学びに来てくれるのはとても嬉しいです。3人の実習生は、最初はやはり緊張していたようですが、子ども達の無邪気さや純粋さに触れ、毎日の実習がとても楽しかったようです。私がお手伝いに入ると「お姉さん先生がいい」と言う子も。短い期間でしたが、それだけで子ども達と繋がる事ができていたのだと思います。実習生達も子ども達に感謝の気持ちを伝えたいと、3人で協力して年少組から年長組までの子ども達みんなに手作りのペンダントをプレゼントしてくれました。もらった子ども達はみんなとっても嬉しそうでした。3人共まだ1年生なので、来年も実習に来てくれるはずです。学校でさらに勉強を重ね、成長した姿を見せてもらえるのを楽しみにしています。

   さて、明日11/30(土)はこどものまちです。子ども達も楽しんで作った作品をお家の方々に観ていただくのを楽しみにしています。同じ学年でも、それぞれのカラーが出ていますので、全てのお部屋を回ってみてください。子ども達の温かい作品に、心癒される時間になっていただけたら嬉しいです。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   絵本『だるまさんが』の著者のかがくいひとしさんは、絵本作家になる前は特別支援学校に勤務し、教員をするかたわら仲間たちと人形劇や造形活動にも意欲的に取り組んでいました。ちりとりやティッシュなど身近にあるものを使い、それが音楽に合わせて動くというシンプルな人形劇でたくさんの子ども達を喜ばせていたそうです。

   かがくいさんの絵本を見ていると、心地よいリズムが感じられ、楽しくなり何度も絵本を開きたくなります。絵のタッチも独特で表情から様々な思いが伝わってきます。だるまさんシリーズの他にも、『おしくらまんじゅう』、『おふとんかけたら』など乳幼児でも喜んでみている絵本です♪もちろん大人も楽しめますよ。思わずフフフと笑ってしまう、かがくいさんの絵本を見かけたら、ぜひ手にとってご覧になってくださいね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年11月号

   運動会は皆様のご協力のおかげで、無事に終えることが出来ました。ありがとうございました。終わってホッとしていた頃に、台風15号、19号がやってきました。例年稀に見ない大きな台風で、災害の少ない埼玉県でも各地で大きな被害をもたらしました。幸いにもこども園や皆様のご家庭には、被害を受けたとの報告はなく安心致しました。しかしながら、この台風の影響で毎年行っていた日和田山遠足が行えませんでした。遠足を楽しみにしていた子どもたち、そして遠足のお手伝いにご協力してくださる予定だったお父様方には本当に申し訳ございません。子どもたちの安全を第一に考えた結果ですので、ご理解いただきたく思います。日和田山遠足はできず予備日も雨だったため、園内でミニキラキラデーをして子どもたちは楽しみました。いつもと違う活動に大喜びで、お弁当も学年クラスに関係なく好きな子と一緒に食べられてとても嬉しそうでした。この一件を通して、日常生活を普通に送れることの有り難さを改めて実感いたしました。被災地では、連日の大雨で復興にまだまだ時間がかかる地域もあります。少しでも早い復興を願うばかりです。

   さて、月末には年長組はハロウィンパーティーや武蔵台小学校の交流会があったり、各学年お芋掘りに行って来るなどイベント続きでした。お芋掘りは、とっても大きなお芋が掘れ子どもたちも大興奮でした。円に帰ってきてから、子どもたちが好きなお芋を選んで持ち帰りました。お家でも美味しく調理して食べてください。道谷農園さんを紹介してくださり、費用も負担してくださったフレンド会の皆様ありがとうございました。

~お知らせ~

   10月からこども園のホームページが新しくなり、さらに11月からは園のブログを始めます。ホームページのトップページから誰でもブログが見られるようになっています。まだまだ慣れないもので、頻繁にアップできないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   11月に入ると、紅葉が楽しめるようになりますね。園庭の桜の木の葉は例年より早くなくなりましたが、中の田公園に行くとイチョウやモミジ、カエデなどまだまだ色の移り変わりが楽しめそうです。お気に入りの葉っぱを見つけたら、家に持ち帰って飾るのも季節を感じることができていいですね。葉脈を上にして紙を置き、クレヨンや鉛筆でそっとこすると素敵なフロッタージュが出来上がります。力の入れ具合で模様も変わってきます。紅葉が美しい今の時期だからこそできる落ち葉遊び。親子で何気ない会話を楽しみながらできるといいですね!

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年10月号

   高く澄んだ秋らしい空が見られるようになりました。この時期になると、私の出勤ルートで富士山が綺麗に
見られるポイントがあります。運転をしながら目の前に大きな富士山が現れるので、見られた日は朝から嬉しい気分になり良いスタートがきれます。

   さて、9月には祖父母参観があり、沢山の祖父母の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。自分のお孫さんだけでなく、他の子ども達とも一緒に遊んでくださり、この日おじいちゃん・おばあちゃんが来られなかった子達も、楽しい時間を過ごすことができました。ホールでは会場が狭い中、子ども達の歌の発表をとても優しい眼差しで聞いてくださり、子ども達もみんな元気に歌うことができました。短い時間でしたが、少しでも子ども達の園での様子見ていただくことができ良かったです。10月5日には運動会もありますので、ご都合がつく方は子ども達の頑張っている姿を是非見にいらしてください。

   10月からは、いよいよ保育料の無償化がスタートします。先日配布したお手紙でもお伝えした通り保育料は無償となりますが、その他費用につきましては今までと同様に徴収させていただきます。2号認定の方は、給食費が主食代・副食代・おやつ代と全てまとめての徴収に変わります。初めての事で、県や市も慌ただしく準備をしているようで、園としてもなかなかはっきりとしたお答えができない所もあり、申し訳ございませんでした。途中で変更するような事もあるかもしれませんが、ご理解いただきたくよろしくお願い致します。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   今年は巾着田の曼殊沙華の開花が例年より遅く、10月上旬まで見られるそうです。日常の中でも秋を感じる場面が増えてきました。気持ちよく体を動かし、秋の味覚も満喫したいですね。読書の秋ということもあり、大人も楽しめる絵本を紹介します。『秋』五味太郎著(出版社絵本館)です。秋の夜長に…時にはスマホやタブレットから目を離し、絵本や童話など読み聞かせや読書を楽しむ時間を作れるといいですね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2019年9月号

   毎日暑かったのが、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。日が沈むのも早くなり、夜には鈴虫の鳴き声が聞こえてきて秋へと季節が移っていくのを感じるようになりました。そんな中、8月の末には豪雨が続き大きな被害にあわれた方がいらっしゃいます。少しでも早い復興を願うばかりです。

   さて、皆さんは暑かった夏はどのように過ごされましたか?こども園では、毎日にじやユニコーン、小さいクラスの子達がプールなどして元気に過ごしていました。にじでは、子ども達と相談してお店屋さんごっこを計画し、品物も自分達で作る等してお店屋さんごっこを楽しんでいました。

   2学期は祖父母参観から始まり、運動会など様々な行事があります。子ども達は日々の生活の中で一歩ずつ成長しています。その成長のペースは一人一人様々ですが、行事などを通して成長を感じていただけたらと思います。緊張からいつもの調子が出ないこともありますが、今できる最大限の表現を子ども達はしています。ありのままの姿を優しく受け止め、認めてあげてください。自分のお子さんはもちろんですが、一緒に楽しく過ごすお友だちの成長も見守っていただけると嬉しいです。フレンドは大きな家族です。職員もお家の方々も一緒にあたたかいまなざしで、子ども達の成長を見守っていきましょう。そして、楽しむ時はお家の方も一緒に思いきり楽しんでください。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   学級に通っていた友人から、子どもと話すときの言葉のキー(音階)を教えていただきました。とても心に響くお話だったので皆さんにもお伝えします。

   子どもにとって心地よく聞き取れる音は、ドレミファソのソの音がいいそうです。ついつい感情的になってしまうと言葉のキーが上がってしまうことも・・・わらべ歌が心地よく感じるのは、ソの音が多いからですね。

   ご家庭でも話すときの音を意識してみるのもいいですね。ぜひ試してみてください。

園日記 ベストフレンド 2019年8月号

   今年は7月になっても1日も暑い日がなく、どのクラスもまだ1度もプールや水遊びを行えていません。こんな年も本当に珍しいですね。夏休みになったら、暑くなるのでしょうか?夏季保育では、いっぱい水を掛け合って水遊びを思い切り楽しみたいですね。

   夏休みを目前にして、子ども達はまた一つ大きく成長したように感じられます。中でも年長児は、お泊り会を経験することで大きな自信を持つことができたと思います。毎年行っているのですが、こちらが全て決めてしまうのではなく、一つ一つ子ども達で考えて様々なことを決めていくことで、自分たちで作り上げたお泊り会となります。当日お泊りをするのはもちろんですが、ここまでの過程が子ども達にとってとても大切な時間だったのです。これからも、子ども達の“考える時間”を大切にし、自分たちで考えて行動できる力を育てていけたらと思います。

   先日の夕涼み会では、心配された天気も回復し、夏のタベを楽しむことができたのではないでしょうか?先生たちの劇は、「こぶとりじいさん」だったのですが、鬼の迫力に怖がる子が続出。それでも怖いもの見たさに隠れながら見ている子もいましたね。最後の花火は、お父さん方にご協力していただき、とてもきれいな花火を見ることができました。お手伝いしてくださった会長の松田さん、鈴木さん、庄田さん、土屋さん、松田さん、牧田さんありがとうございました。

   7月の保護者全体会で「食育について」のお話を聞かせていただきました。よく噛んでゆっくり食べることで、薄味でも食材の本来の味をしっかりと味わいながら食べることができるそうです。昔から「よく噛んで食べなさい」と言われていますが、つい早食いになってしまいます。皆さんも一口30回などと意識して食べられるよう心掛けてみてはいかがでしょうか?

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   雨が続き、外で遊べず室内で過ごすことが多かった子どもたちでしたが、その分普段よりも異年齢児と遊ぶ姿が多く見られました。年長児が手加減をして年中少児にかかわる姿や、年中少児が憧れの気持ちをもって年長児を追う姿を見ると温かい気持ちになります。園生活に慣れ、楽しめるようになると、保育者とのかかわりの他にも、楽しくかかわる仲間が増えてくるのですね。年長児なりに自信をもって教え導く姿に成長を感じます。自分がしてもらった事を今度はしてあげたいと思えるようになるのですね。今の時期に異年齢児との関りもたくさん楽しめるといいですね。

園日記 ベストフレンド 2019年7月号

   梅雨に入り園庭で遊べない日もありましたが、子ども達は室内でも元気いっぱい楽しんで遊んでいました。たくさんの方に資源物を持って来ていただいたお陰で、資源物遊びをとても楽しんでいます。一見ただのゴミと思われるような物でも、子ども達にとっては宝の山です。もしお家に箱が溜まったらまた園に持って来てくださいね。

   さて、6月は年長さんのEPACを始めとし、様々なイベントがありました。ファミリーデーは昨年に続き生憎の雨でしたが、たくさんのお家の方に参加していただき、子ども達もお家の方々も笑顔溢れる楽しい時間を過ごしていただけたようです。活動の最後の時間は、毎年お家の方に絵本の読み聞かせをしていただいています。今年はお父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん色々な方に読んでいただきました。緊張されながら読まれている方、子ども達に目線を送りながら読まれている方、皆さん温かい雰囲気の中読んでくださっていました。ありがとうございました。来月には、お話の会の方々が朝の自由あそびの時間に園庭で “青空おはなし会” を開催していただく予定です。色んな形で絵本に親しんでいっていきたいです。絵本は、子どもだけでなく大人にとっても素晴らしい絵本がたくさんあります。先日、私自身も本屋で絵本を立ち読みしていたら、ポロっと涙してしまった絵本がありました。「おこだでませんように」という絵本です。この絵本は、以前お話の会の方がお部屋で子ども達にも読み聞かせてくださった絵本です。いつも怒られてばかりいる男の子の話です。どうしたら怒られないんだろう?どうしたら褒めてもらえるのかな?ぼくは悪い子なのかな?と男の子の葛藤が画かれています。これは、子ども達への接し方を見直す良い絵本だと思います。間違った事やいけない事をしてしまった時は、しっかり伝えなくてはいけません。でも頭ごなしに怒るのではなく、その子が何を思い、感じてその行動をとったかをしっかり受け止めてあげる事が大切だと思います。そして、何より“あなたのことをとても大切に思っているよ “大好きだよ” という事を日ごろからしっかり伝えてあげてください。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   何かを伝えたいとき、大人は言葉やアクション、表情などで相手にわかりやすく思いを伝えようとしますね。子どもはどうでしょうか・・・。年齢や今までの経験値にもよりますが、大人のようになかなか自分の思いをうまく伝えることができません。その代わり、今できる精いっぱいの表現で思いを伝えようとします。嬉しいときは分かり易いですが、不安や怒りを伝えたい時など、言葉を順序だてて話すことはもちろん、どう自分の思いを伝えたらいいのかパニックになってしまうことも・・・。そんな時は、気持ちを落ち着かせ、ひとつひとつ気持ちを解きほどくように “○○したかったの?” とゆっくり気持ちに寄り添い、一緒に考えてあげると、子どもは自分の思いが伝わった安心感で気持ちを切り替え、スッキリした気持ちになります。認めてもらうことで生まれる自己肯定感を、今の時期にたくさん育ててあげたいですね。

園日記 ベストフレンド 2019年6月号

   新緑の綺麗な時期となりましたね。そんな中、急激に暑くなり、まだ5月だというのに30度を超えた日もあり、早くも熱中症が心配されています。こまめに水分補給をし、暑い時間帯は室内で遊んで過ごすなどし、園でも十分に気をつけていこうと思います。

   5月になり、子どもたちも園生活に少しずつ慣れてきました。抱っこやおんぶだった子が、安心できる先生を見つけ、手を繋なぐだけでも大丈夫になり、虫見つけやお砂場 遊びなど少しずつ楽しむようになりました。そして、なかなかお部屋に入れなかった子も、みんなと楽しく活動に参加できるようになってきました。これから、泥んこ遊びや 水遊びなど、どんどん遊びが活発になってきます。汗びっしょりになって夢中で遊ぶのが子どもたちです。その為、これからお着替えが増えてくると思いますが、いっぱい楽 しく遊んだ証拠ですので、お洗濯のご協力よろしくお願いします。

   5月下旬から、こども園の前の道路の工事が行われていました。最初は突然の大きな音にビックリしましたが、目の前でショベルカーなどが動いているのと、とてつもなく大きな音で迫力があり、子どもたちは大興奮でした。ある日の朝は、工事の人達が準備している間から、「お仕事しないのかな?」と始まるのをじっと待っている子がいました。工事が始まると、何人か男の子が集まってきて、門の所からずーと眺めていました。 気がつくとみんな正座になっていて、「おぉ~!」と歓声をあげながら拍手が起こりました。そんな子どもたちを見て、私は2年前を思い出しました。2年前は、旧園舎から仮設園舎の建設をしている所と、新園舎の建設を仮設園舎から眺めていた子どもたち。 その時はまだ年少だった子が年長になり、この日もあの時のようにずーと嬉しそうに眺めていました。色々な思いが込み上げてきて、なんだか心がとても温かくなりました。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   子どもが「お腹が痛い」と言ってくる時は、様々な意味をもつそうです。甘えたい時 もありますが、泣き方や痛みの続く時間など症状により重大な病気(腸重積など)に繋がることもあるので、保護者は子どもの正常なお腹の様子を知る事が大切です。普段から触れ合い遊びなどを通して、お腹に触れることをお勧めします。子どもも笑顔になるので、一石二鳥ですね。 (入間川病院小児科 風間先生の話より抜粋)

園日記 ベストフレンド 2019年5月号

   段々と半袖で過ごせる陽気になり、子ども達は裸足になって。 元気に遊ぶ姿が見られてきました。中にはランニングになって遊んでいる子も・・・みんな思い思い好きな遊びを見つけて楽しく遊んでいます。新生活がスタートして1ヶ月が経ちましたね。22日(月)には Friend Kids も始まり、また一段と賑やかになってきました。毎週月曜日の朝は、全園児が園庭に集まって園庭で朝のお集まりをします。この日はスキンシップあそびと♪さんぼのダンスをしました。年長児が年少組や 1.2 歳児の小さいクラスの子の手を取り、一緒に楽しみます。 こういったちょっとした関わりの中から、年長児は小さい子に対しての思いやりが育ち、 小さい子達は年長児への憧れが生まれていきます。学年やクラスが違っても、みんなフレンドのお友だち。みんなで色々な経験を通して一緒に成長していけたらと思います。 保護者の皆様も、自分のお子さんだけでなく、お友だちの成長も一緒に見守っていただ けたらと思います。

   さて、フレンド会もフレンド総会が行われいよいよ本格スタートします。こども園としてはまだ2年目で、こども園としてのフレンド会の在り方を、まだまだ考えなくては いけない所があります。今年度は経験者の方も多く、「役員を楽しみたいです」とも言っていただき、“できる人ができることを!”の精神で、協力し合いながら無理なく活動を 進めていけたらと思います。そして、子ども達が楽しい園生活を送れるよう、保護者の皆様もご協力どうぞよろしくお願い致します。
   明日からGWで長いお休みになります。寒暖差などがあり、体調を崩しやすい時期と なっておりますので、体調に気をつけながら楽しいGWをお過ごしください。

・・・・・・ ホッとひといきBreaktime ・・・・・・

   新しい園生活がスタートし、どの子も環境の変化にドキドキ♡ワクワクしている様子がよく伝わってきます。特に初めて保護者と離れる子にとっては、期待より不安の方が多いことでしょう。そんな中でも、子どもたちは楽しいことを見つけて遊びはじめています。園にお迎え時、降園バスから帰った時にまず「お帰りなさい。よく頑張ったね」 とギュッと抱きしめてあげてください。園でどう過ごしたか聞きたくなると思いますが、 そこは少しこらえて・・・子どもが自ら話すのを待ってあげてくださいね。「あのね…今日 ね…」とポツポツ話し始めたり、歌や手遊びをしたり、子どもが何か 伝えようとした時にたくさん聞いてあげてください。 それだけで次への活力に繋がると思いますよ。 新しい生活が始まったばかり、ご家庭でも親子で 楽しめる会話が広がるといいですね!

園日記 ベストフレンド 2019年4月号

   ご入園・進級おめでとうございます。

   はじめまして。この度フレンド認定こども園の園長に就任致しました、三浦菜津子と申します。どうぞよろしくお願いします。

   私は、所沢にあるコロンビアインターナショナルスクールに勤めておりますが、15年程前からフレンド幼稚園(当時)の運営にも携わらせていただき、今は亡き、前園長の愛子先生に たくさんの事を教わってまいりました。フレンドを訪れるたび、愛子先生をはじめ全ての先生達の大きな愛に包まれ、感情豊かに表現し、笑顔で伸び伸びと過ごしている園児の姿は印象深く残っています。

   愛子先生の後任として責務の重さを感じておりますが、“愛と笑顔の満ちあふれたこども園”を目指し、お子様が楽しく安心して過ごせますよう、またご家族の皆様の不安が 少しでも和らぐよう、経験豊かな先生方と一緒に精一杯サポートさせていただきます。温かく見守っていただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

園長 三浦 菜津子



   桜が満開を迎え、皆様のご入園・進級を職員一同心待ちにしておりました。

   今年度は、0.1.2 歳児を含めた新入園児37名をお迎えし、総勢38名の職員が、149名の園児と共に過ごすことになります。こども園としては2年目ということで、幼稚園でもなく、保育園でもなく、こども園としての在り方をしっかりと考えていき、こども園としての軸を作っていきたいと思います。皆様にもご意見を頂きながら良い方 向へと進めていけるよう努力してまいります。安全に楽しい園生活が送れるよう、精一 杯努めてまいりますので、ご理解、ご協力お願い申し上げます。

   今年度も、子ども達そして保護者の皆様と一緒に楽しい園生活を送りたいと思います。 楽しい時は笑い、悲しい時は涙し、共に学び、助け合いながら、みんなで一緒に成長をしていきたいです。私たち職員も、保護者の皆様にはたくさん支えて頂き、いつも感謝 の気持ちでいっぱいです。どうぞよろしくお願いいたします。

主任 大野 千代

園日記 ベストフレンド 2019年3月号

   少しずつ温かい日差しを感じられるようになり、 子ども達も上着を一枚脱いで元気に遊んでいます。 2月は生活発表会がありましたね。お家の方々に見てもらえるのをとても楽しみにし、みんな一生懸命練習を重ねていました。当日は緊張しながらも、お家の方々が温かい眼差しで見てくださったお陰で、みんな楽しみながら表現することができました。ありがとうございました。

   さて、今年度のベストフレンドも最終号となりました。このベストフレンドは、皆様と園とをつなぐ大切なパイプとなれたでしょうか?不十分な部分もあったかもしれませんが、皆様のご意見などメールを通し知ることができ、私たちも嬉しく感じました。 この1ページ目は、昨年度まで園長であった愛子先生が掲載していました。今年度も、 愛子先生が戻られるのを待っていたのですが、残念ながら愛子先生のお言葉を皆様にお届けすることができませんでした。もう直接愛子先生のお言葉をお伝えすることはでき ませんが、愛子先生の意思をしっかり受け継ぎ皆様にお伝えしていけたらと思っております。

   今年度から“こども園”となり、今までと違い戸惑う事などがあったかと思います。 私たち職員も幼稚園でもなく、保育園でもなく、こども園とはどういった形をとっていくのが良いのか模索しながらの一年でした。その為、皆様にはご迷惑をお掛けすることがあったかと思います。しかしながら、子どもたちに対する思いや保育方針は、今まで と変わらない思いで行ってまいりました。少しずつ“こども園”という形を確立していけたらと思っております。

   フレンド会の皆様、今年はこども園1年目ということで、今まで通りにいかないことが多々あったと思います。役員を初めて経験される方々ばかりで、戸惑われることが多く、大変な一年だったかと思います。そういった中でも、子どもたち、そしてフレンドのことを思い進めてきていただき、一言では表せない程の感謝の気持ちでいっぱいです。 先日行ったフレンド催事もとても素晴らしく、次の日子どもたちと紙笛を作って、みん なで楽しむことができました。

つたない文章でしたが、一年間読んでいただきありがとうございました。

主任 大野 千代