2021年6月30日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2021年6月30日発行

ダウンロードはこちらから

■りす組さん・ひよこ組さんだより

ダウンロードはこちらから
■うさぎ組さんだより

ダウンロードはこちらから

2021年6月28日発行 ぱんだだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。


■6月フォトブック

※写真をクリックすると拡大します。
■ぱんだだより
2021年6月28日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2021年7月号


   すっきりしない天気が続き、梅雨明けが待ち遠しいですね。2日(金)には年長組のわくわくデーがありますが、天気が心配です。お泊りすることは出来ませんが、自分たちで計画を立てみんなとても楽しみにしているので、その子どもたちの思いがどうかお天気の神様にお届きますように…

   6月は分散で保育参観を行うことができました。分散の参観にご協力頂きありがとうございました。短い時間ですが、保護者の皆様に円での子ども達の様子を見て頂けて嬉しかったです。お母さんやお父さんが見てくれていることでいつも以上に張り切る子、ここぞとばかりに甘える子、普段どおりの姿を見せる子と様々でしたが、どの子もみんな嬉しそうでした。保護者の皆様の眼差しがとても温かく、こういった時間がやはり大切なのだなと実感しました。ご都合がつかずに参観できなかった方もいらっしゃったと思いますが、来てくださった方々が自分のお子さんだけでなく、お友だちにも優しく接して下さいました。ありがとうございます。フレンドでは、お子さんの成長を皆様で見守って頂ける場所でありたいと思います。今後もコロナ禍の中での保護者参加の行事がどのように行えるのか、十分に検討しながらやっていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

   今たくさんの学生が教育実習にフレンドに来ています。学校の授業では学べないことを肌で感じ、皆充実した実習を行えているようです。その中で実習生で、”見守る保育”の大切さを学んだ子がいました。良かれと思って援助した所「今自分でやろうと思ったの!」と子どもに言われてその実習生は「はっ!」としたそうです。できないと思ってつい手を出しすぎてしまうこともありますよね。でも、そこで見守りを待つことも大切です。昨日できなかったことも次の日にはできたりと、子ども達は日々成長しています。援助する際も、最後の一押しは子ども自身ができるような援助をしてあげると、”自分でできた!”という成功体験で終わることができます。そういった日々の積み重ねが子ども達の自信へと繋がっていきます。

   先日、一斉メールでもお知らせしましたが、こどものとも社で出版されている「母の友」8月号にフレンド認定こども園での話が掲載されます。貴重な機会をいただき、職員一同とてもうれしく思っています。購入を希望された方は、本が届き次第お渡し致します。ご購入されなかった方で、ご興味がある方は職員室に本を用意してありますのでお声掛け下さい。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより

※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

2021年5月31日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2021年5月31日発行

ダウンロードはこちらから

2021年5月31日発行 ぱんだだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。


■4・5月フォトブック

※写真をクリックすると拡大します。
■ぱんだだより
2021年5月31日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2021年6月号


   園庭の梅の木に実がなりはじめました。上り棒に上りながら実を採ろうと頑張っていたり、保育者に抱っこをしてもらい実をゲットした子も。お迎えに来たお母さんに嬉しそうに採れた梅の実を見せていました。私の実家にも梅の木があり、母親が梅酒や梅ジュースを作ったり梅干しにしていました。私自身も梅を収穫してその梅で梅酒作りにチャレンジしたことがあるのですが、母のようにはいきませんでした。

   5月12日(水)に遠足ごっこで各学年近くの公園まで行ってきました。年少組は大人が歩いても5分もかからない所だったのですが、ほとんどの子が初めての園外だったため、職員が8人ついてやっとのことで公園に到着しました。年中・長組は、年長組が上手にリードしながら歩いてくれ、年中組もしっかりと歩いていました。この1年の差に職員も成長を感じ嬉しくなりました。進級後も年中組担任から子ども達の様子をよく聞いていました。前は上履きも履かず、朝のお支度もなかなかできなかったAちゃん。今では登園し、他の子が先に遊んでいて遊びに誘われても「Aちゃんまだお支度してないから終わってからね!」と言って自分でしっかりお支度をしていました。そんなAちゃんに対しBくんが、元担任に「Aちゃんもう上履きもちゃんと履けるんだよ!」と教えてくれました。みんなお互いによく見ていて、その成長にも気づき認めあえる関係性になっていたことに感心しました。子ども達はいろんなことをよく見ていて、やってもらって嬉しかったこともよく覚えています。そのため、今の年長組も年中・少組に対して優しくお手伝いをしてくれることができます。私達大人の行動や声掛けもよく見ていますよ。小さい子に対しての声掛けの仕方は、小さな先生のようです。良い面も悪い面もそのまま吸収してしまいます。そう思うと一つ一つの行動に責任を持たないといけませんね。

   ※年中・長組の遠足ごっこの動画がこちらにアップされています。皆さんぜひ御覧ください。

   今月から大学生が教育実習に来ています。コロナ禍でリモート授業の続く中、実践での勉強はとても貴重な時間だと思います。子ども達から多くのことを学んでいってほしいと思います。毎日の検温、体調管理等もしっかり指導してまいりますので、よろしくお願い致します。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより

※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

2021年4月22日・23日発行 ぱんだ・こあらだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。

■こあらだより
2021年4月22日発行

ダウンロードはこちらから
■ぱんだだより
2021年4月23日発行

ダウンロードはこちらから

2021年4月30日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2021年4月30日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2021年5月号


   新緑の美しい季節となりましたね。園庭のプランターの花も綺麗に咲き、子ども達がじょうろを手に水やりをしてくれています。ちょっと水をあげ過ぎてしまう時もありますが…。そして、これからダンゴ虫など色々な虫も出てきます。虫を探して園庭をぐるぐる探索する子が増えてくることでしょう。外遊びにちょうど良い季節です。裸足になって、園庭で思い切り遊んで泥だらけになって帰ることも…
お洗濯が大変かと思いますが、子ども達が楽しんだ証拠です。よろしくおねがいします。

   新年度がスタートして1ヶ月が経ちます。『もうお姉さんだから◯◯できるよ!」と入園・進級したことに喜びを感じながらも、新しい環境に戸惑う姿も見受けられます。しかし、少しずつ新たな楽しみを見つけ始めています。年少組の子は寂しくなり「おうちかえる~」と泣いてしまう子もいますが、「ママやパパに電話する?」と声を掛け、電話をかけてあげると気持ちが少し落ち着いてきます。電話をしている真似ですがね…一人の子が電話すると、それを見ていた他の子も「わたしも!」「ぼくも!」と電話を求めます。電話をしている様子をそばで嬉しそうに見ている子どもたちの表情が、なんとも言えず可愛らしいです。それが年長になると「今ウソの電話でしょ。話し方が違うよ!」と鋭い指摘をするように。そんな風に言っている子も年少の頃は同じように電話をすることで安心していたんですけどね。今では年少組の子のお世話をしてくれるようにまで成長しました。そして、これからの1年が年長児にとって、今までの園生活の中でも一番大きく成長する時期です。コロナ禍が続く中での保育になりますが、できるだけ多くの経験をし、様々なことを学んでいって欲しいと思います。

   今年は年中・長組は新型コロナウイルス感染防止のため保護者会は行いませんでした。そんな中フレンド会役員を募った所、無事12名の方が引き受けて頂けることになりました。ありがとうございます。昨年に続きできることが限られていると思いますが、子ども達が安心して楽しく園生活を送れるようサポートして頂けたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

   年間行事計画ですが、今年も状況により変更を余儀なくされることがあると思いますが、ご理解・ご協力をお願い致します。5月の行事も変更がありますので、このベストフレンドのお知らせページをよく読んでご確認下さい。明日からはGWが始まりお出かけされたいと思いますが、東京も緊急事態宣言が発令され、埼玉県もまん延防止等重点措置が出ています。日高市・飯能市は対象区域には入っていませんが、できるだけ外出は控え感染予防を心がけて下さい。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより

※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

園日記 ベストフレンド 2021年4月号

入園・進級おめでとうございます

フレンド認定こども園へようこそ!

   皆様をお迎えすることを職員一同心待ちにしておりました。愛と笑顔の満ちあふれたこども園を目指し、認定こども園として4年目を迎えました。”今が大事”な子どもたちがたくさんの愛に包まれ、一人ひとりが安心して過ごせるよう精一杯サポートさせていただきます。そして子どもたちが家族以外の大人と信頼関係を築けるよう一日一日を大切に過ごしたいと思います。コロナ禍が続きますが、昨年に引き続き、衛生面に留意し子どもたちが安全に過ごせるように心掛けて参ります。

   保護者の皆様にもご理解・ご協力をお願いすることもあると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

   子どもたちの健やかな成長を共に喜び合いたいですね。

園長


   今年は桜の満開が早く、すでに葉桜になってしまいました。4月1日から登園している子たちは、桜の花びらが舞う中はだしになって元気に遊んでいました。

   12日(月)から全園児が揃っての保育がスタートします。コロナ禍のため密な関わりは出来ませんが、異年齢での交流も交え大きい子も小さい子も刺激し合い共に成長できたらと思います。幼児期の遊びや様々な体験は子どもたちの自発性を育み、その後の成長に大きく繋がっていきます。成長の基盤となる大切な時期を一緒に過ごさせていただけることを嬉しく思うと同時に、大切なお子様をお預かりする責任を感じております。この年令ならではの表現や、ありのままの姿を受け入れ、伸び伸びと楽しんで園生活を送っていけるよう、笑顔溢れる保育を行っていきたいと思います。まだまだコロナウイルスが心配されますが、どんな状況でもフレンドに来たら安心できる場であるようにしていきたいです。保護者の皆様にも支えて頂きながら、一緒にお子様の成長を見守らせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

主任

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより

※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。