園日記 ベストフレンド 2022年11月号

   公園の木々が少しずつ色づきはじめ、紅葉の綺麗な季節を迎えますね。先日散歩に出かけた時、落ちている赤い葉っぱを花束のようにして「ママにおみやげにするの」と集めている子がいました。この日は日差しも暖かく、とても過ごしやすく穏やかに遊んでいる子ども達がとても微笑ましたかったです。

   運動会では皆様の温かい声援を受け、子ども達も頑張ることができました。学年毎にそれぞれの成長を感じることが出来ました。特に年長組の組体操はとても立派でした。年中・少組の頃は先生の側から離れられなかったり、緊張で思うように参加できなかった子も、友達と協力し合い頑張っていました。泥だらけになっても、砂をはらうのを必死で我慢し、格好いい姿を見せようとする姿に感動しました。どの学年も最後に金メダルをもらってお家の方々の所へと満面の笑みで駆け寄る子ども達を見て、みんなそれぞれが自分の力を出し切って頑張れたのだなと感じました。

   日和田山遠足では、天気にも恵まれ絶好の遠足日和でした。今年は3年ぶりに長距離ルートを選択し、本当にみんな登れるのだろうかと心配もありました。登山口に着く前から「疲れた~」という子もいましたが、日和田山に入ると山からのパワーを受けみんなのやる気スイッチが入り、ハイペースで登って行きました。男坂を登りながら「こんな経験めったにできないことだよ!」と言いながら必死で登っている子もいました。頂上から高指山へ向かう長い尾根道には大人も体力を奪われていました。帰り道はいつまでも続く長い道のり・・・年中組は「もう歩きたくない~」と泣く子も。それでも休憩しておやつを食べると持ち直し、頑張って歩いていました。あと少しというところで限界がきて歩きながら寝てしまう子も(笑)。そのような中でも「また日和田山登ろう!」と言う子もいました。年長組はさすが、くじけることなく最後まで元気に歩ききりました。お家の方々に温かい拍手で迎えていただき、ありがとうございました。昨年のショートコースも楽しかったですが、やはり今年は達成感が違ったと思います。日和田山を登りきったことは子ども達の大きな自信になったことでしょう。近くに住んでいても一度も日和田山に登ったことがないという方もいます。日高市には巾着田もあり、たくさんの自然があります。実際に自分で見て触れて体験することから多くの学びがあります。インターネットなどで様々な知識を得ることはできるかもしれませんが、この時期に多くの体験を通して学ぶことは、その後に大きな影響を与えると思います。年長児が言っていた「めったにできない経験」をぜひご家族でチャレンジしてみてください。実際に登ることで、子ども達の凄さに気付くことができると思いますよ。最後になりましたが、日和田山遠足のお手伝いをしてくださったお父様方、ありがとうございました。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※1 クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。
※2 フォトブックはこちらより

2022年10月31日発行 ぱんだだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。


■10月フォトブック

※写真をクリックすると拡大します。
■ぱんだだより
2022年10月31日発行

ダウンロードはこちらから

2022年10月28日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2022年10月28日発行

ダウンロードはこちらから

2022年9月30日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2022年9月30日発行

ダウンロードはこちらから

2022年9月30日発行 ぱんだだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。


■9月フォトブック

※写真をクリックすると拡大します。
■ぱんだだより
2022年9月30日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2022年10月号

   秋風が気持ちよく、過ごしやすい日が増えてきましたね。うさぎ組の子どもたちが手にススキを握りしめながら散歩から帰ってきた姿を見て、秋になったんだなぁと実感しました。大きいクラスでは2学期が始まり学級閉鎖のクラスが立て続けに出ていましたが、ここに来てやっと落ち着きを取り戻してきました。季節の変わり目で、コロナに関わらず体調を崩しやすくなっていますので、皆様体調管理には気をつけて下さい。

   1週間後の運動会に向けて子どもたちは、朝からリレーやダンスを楽しんでいます。今週になって子どもたちも揃い、活気も出てきて運動会モードになってきました。年少組は初めての運動会で、運動会って…?という感じですが、園庭で年中・長組がダンスやリレーなどの競技をしていると、活動中でも「なに?なに?」とテラスに出て来て2階から応援しています。自由遊びでも一緒に踊ったり、かけっこしたりしながら少しずつ運動会というものを感じてきているようです。年中組のバラバルーンを膨らますのはとても大変です。そのためには、みんなの気持ちを一つにしなくてはいけません。バラバルーンを大きく膨らますことができましたら、大きな拍手を送ってあげてください。年長組の組体操はここ数年個人技のみでしたが、今年は4人組、8人組の技にも挑戦しました。最初は楽しい雰囲気の中での取り組みでしたが、段々と真剣モードの表情に変わってきました。入場から気合が入っていて、年長組の勇ましい姿を見て頂けることと思います。そして、年中・長組はリレーもあります。年中組はまだ勝敗よりも走ることを楽しむ子、チームというより自分が1番でバトンを渡すことができれば満足な子も。1番でバトンを繋げないと涙したり、順位を気にせずに「やったぁ!」と喜ぶ子と様々です。担任たちは順番を間違えないよう、子どもたちを送り出すのに全力で取り組んでいる姿を客観的に見ていても思いは伝わります。年長組になると気持ちが全然違ってきます。チームで勝つために自由遊びで毎日のようにリレーをしている子がたくさんいます。走る姿は真剣そのものです。そんな子ども達の姿にいつも目頭が熱くなってしまいます。全園児で一緒の運動会でしたら、学年の成長の違いも見て頂けるのですが、3部制ということもあり残念な所もあります。その分、HPで動画をアップした際には、ぜひ他学年の姿を見ていただけたらと思います。当日は頑張る子どもたちの姿をしっかり目に焼き付けてあげて下さい。写真も撮りたいと思いますが、レンズ越しではなく見て応援していただけたら幸いです。そして、頑張っている姿に大きな拍手で声援を送ってあげて下さい。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※1 クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。
※2 フォトブックはこちらより

2022年9月2日・8日発行 ぱんだだより・こあらだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。

■こあらだより
2022年9月8日発行

ダウンロードはこちらから
■ぱんだだより
2022年9月2日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2022年9月号

   朝夕の風に涼しさが感じられるようになり、秋の近づきを感じるようになりましたね。皆様はこの夏をどのように過ごされましたか?家族でゆっくり過ごされた方、行動制限が少しずつ緩和され旅行に出かけたり、久しぶりに帰省された方もいらっしゃるかもしれませんね。園では夏休みに入りコロナ感染があり、より感染対策に留意しながらの保育でしたが、子ども達は暑さに負けず元気に過ごしていました。年少組は2階テラスで水遊びをし、年中・長組は園庭でダイナミックに水遊びを楽しみました。

   さて、今日から2学期が始まりましたが、今学期は様々な行事があります。まず最初は延期になっていた年長組の”わくわくデー”です。1学期クラスで話し合い、準備も進みあとは当日を楽しみにしていたところでの延期だったので、子ども達はとても残念だったと思います。だからこそ、みんなで思い切り楽しめるようにしてあげたいと思っています。わくわくデーの後は運動会、遠足、お芋掘り、ハロウィン、作品展、クリスマス会などなど盛りだくさんです。今年は天気の影響で夏野菜の収穫が例年に比べ不作だったこともあり、さつま芋の出来が少し心配ですが、お芋掘りという経験を楽しめたらと思っております。年中・長組の日和田山遠足は、コロナ禍以前に行っていたルートにすることにしました。歩く距離が昨年よりも長いですが、頑張って歩いた分より達成感が生まれます。日和田山遠足を機に、自信をつけた子をたくさん見てきました。日々の生活もですが、一つ一つの行事を通して様々な学びがあります。当日はもちろんですが、そこに至るまでの経過がとても大切です。園でも家庭でも全ての経験が子ども達の糧となります。結果だけを見るのではなく、そこに至るまでの頑張りも認めてあげ肯定感を育ててあげたいですね。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※1 クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。
※2 フォトブックはこちらより

2022年8月31日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2022年8月31日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2022年夏休み号

   梅雨が明けてからの雨、雨、雨…。猛暑ではなくなったもの毎日蒸し暑い日が続きますね。季節の変わり目で体調を崩しやすく、お休みの子も増えています。これから長いお休みに入る子もいますが、体調管理にを心掛け健康に過ごせるようにしたいですね。また、ここ最近全国で誘拐メールが届いたり、安倍元総理大臣の事件などまさか日本でこんなことが、と思うような事件が続いています。いつ自分の身に襲いかかってくるか分かりません。安全面にも気を付けていただき、楽しい夏を過ごして下さい。

   さて、1学期も明日で終りを迎えます。子どもたちも新しい環境に少しずつ慣れていき、クラスでの自分の居場所が見つかってきているようです。また、今年は他学年との交流の機会が増え縦の繋がりも増えてきています。年少組では、担任よりも年長児に甘えて抱っこを求める子も。今たくさん年長児にしてもらったことはきっと心に残り、自分が年長になった時に今度はお世話してあげたいと思うようになるのでしょうね。年長児も小さい子と関わることで、年長としての自覚も芽生えていきます。夏祭りごっこでも、年長児がお店屋さんで小さい子たちに優しく声を掛け、やり方などを教えてくれていました。お祭りを経験したことがない子たちですが、それでも本当の出店のように「いらっしゃいませ~!」と元気に呼び込みをしていました。また、粘稠組の立派なお神輿と山車を引くことができ、大きくなったら色んなことができるんだなと小さい子たちは憧れを抱いたことでしょう。2学期以降も交流の機会を大切にしたいと思います。

   7月1日(金)にお話の会の方が”青空お話会”を開催してくれました。コロナ禍になってからは園内でのサークル活動を自粛していただいてましたが、コロナの状況を見てお話の会が園での活動を再開する運びとなりました。子どもたちにとっては初めてのことで、何が始まるのだろう?とわくわくしながら集まってきました。お話が始まるとみんな絵本の世界にすっと入っていきました。子どもたちもお話の会の方々もみんな笑顔で、たくさんの笑い声に包まれとても楽しい時間となりました。コロナ禍前は、コーラス・ブラスバンド・フラダンスなど様々なサークルが活動していて、お誕生会でパフォーマンスを披露して下さり、子どもたちもお家の方がパフォーマンスを楽しむ姿を喜んでいたました。この時間が子どもたち、保護者の方にとってもとてもよい時間でした。他のサークルも再開できる日が来るのを心より願っています。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※1 クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。
※2 フォトブックはこちらより