2021年9月2日・3日発行 ぱんだだより・こあらだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。

■こあらだより
2021年9月2日発行

ダウンロードはこちらから
■ぱんだだより
2021年9月3日発行

ダウンロードはこちらから
■ぱんだ組スケジュール表

ダウンロードはこちらから

2021年8月31日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2021年8月31日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2021年9月号


   今年の夏はオリンピックが開催されましたね。今回新種目がたくさんあり、その中にスポーツクライミングがありました。実は20年程前にクライミング体験を園で行ったことがありました。今回実況されていた平山ユージさんとご縁があり、園庭に移動式のクライミングの壁を運んで頂きました。ハーネスをつけた子ども達が実際に登る体験をさせていただきました。子ども達も職員も初めての体験でとても楽しかったのをよく覚えています。その時はまだマイナースポーツだったので、オリンピックでしかも日本選手がこんなに活躍する日が来るとは思っていませんでした。今回のオリンピックで、またいろいろなスポーツに興味を持った子が増えたでしょうね。そして、選手たちの頑張る姿、お互いを認め尊敬し合う姿を見て子ども達も大きな刺激を受けたことでしょう。

   さて、新学期がスタートしますが、依然として新型コロナウイルスが猛威を振るっています。感染拡大が止まらずいつ自分の身に起きてもおかしくない状況になってしまいました。デルタ株は子ども達にも感染が広がっています。コロナ禍の生活になり1年半が経ち、この生活にも慣れてしまい段々と危機感が薄れてきているように感じられます。大切なお子様たちをお預かりする上で、今まで以上に感染対策にご協力をお願い致します。また、2学期は様々な行事が控えております。できるだけ開催したいと考えておりますが、状況によっては突然の延期や中止を余儀せざるを得ないこともあるかもしれません。子ども達が悲しい思いをしないよう”なつまつりごっこ”の時のように今何ができるかを考え、マイナスをプラスにして楽しむことを忘れないで保育を進めていきたいと思っております。保護者の皆様もそのように気持ちを切り替えて考えていただけると嬉しいです。変更事項は決まり次第メールや手紙等でご連絡しますのでご理解・ご了承下さい。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより
※1 クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。
※2 フォトブックはこちらより

2021年7月30日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2021年7月30日発行

ダウンロードはこちらから

■ほけんだより

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2021年夏休み号


   今月は激しい雷雨が続きましたね。突然の雨に慌てたりもしましたが、雨上がりに綺麗な虹が出た日もありましたね。気分が沈んでいても虹を見ると不思議と気分が晴れやかになりますね。新沢としひこさんの”にじ”の歌のようです。この歌は、子ども達も大好きな歌です。流行りものの歌もいいですが、童謡などこどものうたの中にも歌い継がれてる名曲がありますね。

   さて、1学期も明日で終業式を迎えます。コロナ禍の中での保育で親子遠足など実施できないのもありましたが、形を変えつつ子ども達が楽しめる方法を考えながら進めてきました。年長組のわくわくデーも天気も回復し、子ども達が計画したカレー作り、夜の園庭遊び、お化け屋敷、花火の全てを実現することができました。カレー作りの様子を年中・少組や小さいクラスの子達が2階のテラスから羨ましそうに見ていました。皆も年長になったらやろうね。

   夏祭りごっこでは、何日も前からお神輿や出典する品物を作ったり飾り付けの準備をするなど気持ちを高めながら取り組むことができました。手作りの法被を着た年長組がお店屋さんになり、年中組もお化け屋敷を開いてくれました。「いらっしゃいいらっしゃい」とお店屋さんになりきって元気に呼び込みをし、本当にお祭りの屋台の雰囲気が出ているようでした。お客さんになった子はチョコバナナ、わたあめ、的あて、くじ引き、流しそうめん、りんご飴、金魚すくい、焼きそばなどたくさんの屋台に目うつりしながら楽しんで買い物をしていました。お店役の年長も手際よく対応してくれていました。園庭では年中組が作ったお神輿をクラス毎に担ぎました。ちゅうりっぷ組は魚をモチーフにした山車、たんぽぽ組はお化け神輿を作ってくれました。神輿の中には子ども達が書いた短冊を入れ、願いが神様に届くよう「ワッショイ!ワッショイ!」と楽しみながら担いでいました。学年が上がるにつれお神輿を担ぐ勢いも増し、見ている子達も大盛り上がりでした。夏祭りごっこは初めてのイベントでしたが、子ども達で計画しながら準備していくことで自分たちで作り上げるという充実感を味わい、やり終えた後の達成感も味わうこともできました。1学期の最後に小さいクラスも含め全クラスで楽しい時間を過ごすことができました。2学期も子ども達が主体的に楽しんで活動できるようにしていきたいと思います。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより

※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。

2021年6月30日発行 小さいクラス園だより



   小さいクラスから発行されている”小さいクラスこどもえんだより”と、0~2歳児の元気でいきいきとした姿を写真で感じていただけるよう、フォトブックも掲載いたします。小さいクラスのこどもたちの園生活にもゆっくり触れてみてください。

※ひよこぐみ=0歳児、りすぐみ=1歳児、うさぎぐみ=2歳児クラス

■小さいクラス園だより
2021年6月30日発行

ダウンロードはこちらから

■りす組さん・ひよこ組さんだより

ダウンロードはこちらから
■うさぎ組さんだより

ダウンロードはこちらから

2021年6月28日発行 ぱんだだより

   フレンド認定こども園では、入園前のお子様を週に1~2回お預かりする未就園児ルーム「Friend Kids」があります。親子で参加する、1・2歳児のための「Friend Kids 親子 こあらぐみ」と親から離れての、2歳児のための入園前プレスクール「Friend Kids プレ ぱんだぐみ」です。ここでは、ぱんだぐみの保護者の方へ向けて発信しているお便りと、他のクラス同様に、プレならではの遊びと経験がたくさん詰まったクラス活動の様子を知っていただけるようフォトブックも公開することになりました。ご覧になってみてください。

※体験入室・見学及び申込受付は園までお気軽にお問合せください。
※お近くに対象の年齢のお子さんがいらしたら、お声をおかけください。ご案内パンフレットが園にありますので、お渡しいただければ幸いです。


■6月フォトブック

※写真をクリックすると拡大します。
■ぱんだだより
2021年6月28日発行

ダウンロードはこちらから

園日記 ベストフレンド 2021年7月号


   すっきりしない天気が続き、梅雨明けが待ち遠しいですね。2日(金)には年長組のわくわくデーがありますが、天気が心配です。お泊りすることは出来ませんが、自分たちで計画を立てみんなとても楽しみにしているので、その子どもたちの思いがどうかお天気の神様にお届きますように…

   6月は分散で保育参観を行うことができました。分散の参観にご協力頂きありがとうございました。短い時間ですが、保護者の皆様に円での子ども達の様子を見て頂けて嬉しかったです。お母さんやお父さんが見てくれていることでいつも以上に張り切る子、ここぞとばかりに甘える子、普段どおりの姿を見せる子と様々でしたが、どの子もみんな嬉しそうでした。保護者の皆様の眼差しがとても温かく、こういった時間がやはり大切なのだなと実感しました。ご都合がつかずに参観できなかった方もいらっしゃったと思いますが、来てくださった方々が自分のお子さんだけでなく、お友だちにも優しく接して下さいました。ありがとうございます。フレンドでは、お子さんの成長を皆様で見守って頂ける場所でありたいと思います。今後もコロナ禍の中での保護者参加の行事がどのように行えるのか、十分に検討しながらやっていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

   今たくさんの学生が教育実習にフレンドに来ています。学校の授業では学べないことを肌で感じ、皆充実した実習を行えているようです。その中で実習生で、”見守る保育”の大切さを学んだ子がいました。良かれと思って援助した所「今自分でやろうと思ったの!」と子どもに言われてその実習生は「はっ!」としたそうです。できないと思ってつい手を出しすぎてしまうこともありますよね。でも、そこで見守りを待つことも大切です。昨日できなかったことも次の日にはできたりと、子ども達は日々成長しています。援助する際も、最後の一押しは子ども自身ができるような援助をしてあげると、”自分でできた!”という成功体験で終わることができます。そういった日々の積み重ねが子ども達の自信へと繋がっていきます。

   先日、一斉メールでもお知らせしましたが、こどものとも社で出版されている「母の友」8月号にフレンド認定こども園での話が掲載されます。貴重な機会をいただき、職員一同とてもうれしく思っています。購入を希望された方は、本が届き次第お渡し致します。ご購入されなかった方で、ご興味がある方は職員室に本を用意してありますのでお声掛け下さい。

————————————————————————————————————————————————-

冊子版ダウンロードはこちらより

※クリックすると別窓で開きます。PCで右クリックしてファイルを保存するとダウンロードも可能です。